Orange Junior
タッチフットボールチーム(中学生)

川崎オレンジジュニアは、市内の小中学生を対象としたアメリカンフットボール普及活動である「タイタンズ計画」の中で立ち上げられた中学生タッチフットボールチーム「ジュニアトマホークス」として2008年に創設されました。

2017年度から「川崎オレンジジュニア」として、関東中学生アメリカンフットボール連盟に加盟しています。

チームメンバーは少数ですが、基本に忠実に、楽しく時に厳しく、複数のコーチが丁寧に指導しています。

活動日程(年末年始やお盆その他にお休みがあります)

日曜日 9:00〜12:00

アメリカンフットボールについて

アメリカンフットボールは、対峙する両チームがランやパスなど様々な戦術を駆使して自身のボールを相手陣内のエンドゾーン(フィールド両端にあるゴールのような陣地のことで、相手チームのこの陣地にボールを持ち込むことで得点となる)にむけて前進させることを狙います。守備側は文字通り体を張って攻撃側の前進を防ぎます。相手の裏をかく作戦を繰り出す攻撃側と、それを体を張って止める守備側の、体のぶつかり合いだけではなく高度な頭脳戦が最大の魅力です。我々トマホークス倶楽部では、そんなアメリカンフットボールの簡易版ともいえるタッチフットボールとフラッグフットボールを、ご子息のご年齢に会わせてご案内しております。

アメリカンフットボールは危ないのでは?

アメリカンフットボールは格闘技の要素があるので、多少の危険は伴います。ただし、子供達には成人用と同等のヘルメット・ショルダーパッドを装着し、さらに、タックル、背後からのブロック、下半身ブロックといった危険なプレーを禁止した安全性重視のタッチフットボールルールを採用しています。小学生は激しい身体接触の無いフラッグフットボールをメインに活動します。

   

当団体の考えかた(コーチングフィロソフィー)

地域の子供達が安全に、正しいトレーニングをする環境をつくります。

スポーツを通じて、子供達の成長する場を提供します。

アメリカンフットボールを通じ、子供達の運動能力を向上させます。

ジュニアからは、将来日本を代表する選手を輩出します。

またフットボールのファンダメンタルを重視し、アメリカンフットボールを続ける上での基盤作りをします。

    

練習場所

〒211-0031 神奈川県川崎市中原区木月大町4−1
法政大学川崎総合グランド内陸上競技場アメフト練習場(青い人工芝)
(イベント等の兼ね合いで練習場所が急遽変更になる事もあります)

最寄り駅
●JR南武・東急東横・目黒線 武蔵小杉駅
●JR横須賀・湘南新宿ライン 武蔵小杉駅
●東急東横・目黒線 元住吉駅

  • グランド・施設脇に駐輪場がありますが、危険ですので敷地内は自転車をおりてください。
  • 川崎保健体育東横門(井田三舞町側)は通行禁止です。正面へお回り下さい。
  • グランド内はヒールや革靴では、人工芝を傷つける可能性があるのでお入りいただけません。
  • グランド内での飲食は、水か糖分を含まないお茶のみ可能です。